高率のいい仕事のために代行サービスを利用しよう

郵送処分を活用する

郵送処分の注意すべき点について

パソコンや一部の家電など、粗大ごみとして処分出来ない不用品を廃棄したい場合の処分方法の一つに郵送処分というものがあります。 これは処分したいものがあるけど近くに処分業者がない場合や、少量なのでトラックで引き取りに来てもらうほどではないけど、車をもっていない場合などにとても便利です。 ただし、回収された不用品はリユース出来るものは中古品として販売されますし、部分的に再利用出来るものは解体してリサイクル資源として生まれ変わるので、郵送する際に必ず段ボール、新聞紙、チラシ、エアパッキンなどでの梱包が必要になります。また、大体の郵送処分の業者では、着払いだと受け取りをされないので送料は自分で負担しなければなりません。

知っておくと良いこと

パソコンなどの個人的なデータが入っている物は、通常の処分方法だと自分でデータをすべて消去しなければなりません。 また、ハードディスクを取り出せる場合は物理的に破壊しておくなどして絶対に復元できない形にして捨てるなど手間がかかります。 ですが、郵送処分だと業者の方で消去してくれます。 ほとんどの業者が専用のデータ消去専用機を持っており、データ消去も物理的消去も対応できるのです。消去している画像をメールで送付してくれたり、写真を送ってくれたりする場合もあります。 このようなことから、通常の処分方法よりも手間がかからないため、郵送処分を選ぶ方が増えてきているようです。 郵送処理を引き受けている業者はインターネットで探すと沢山あります。