高率のいい仕事のために代行サービスを利用しよう

廃品回収は業社に依頼

廃品回収業者でも回収するものに違いがある

廃品回収を行っている業者はたくさんありますが、どのように回収を行っているのかというパターンは二つに分けられます。 まず、行政からの委託を受けてゴミの日などに地域に設けられた集積所を回ってゴミを回収したり、あるいは住民から依頼を受けて個別に不要品の回収を行っている業者です。 次に、行政とは関係がなく、独自に廃品回収サービスを行っている業者です。こうした業者はインターネット上にホームページを開設したり、あるいはポストにチラシを配布することで客を集めています。行政と連携している廃品回収業者との違いは、テレビやエアコンなど、家電リサイクル法に基づいて処分することが定められているものでも回収を行うということです。

リサイクルショップでも不要品を回収してくれる

また、厳密に言うと廃品回収業者ではないが、似たようなサービスを行っている業者もいくつかあります。代表的なのがリサイクルショップです。リサイクルショップはどんなものでも必ず買い取るわけではなく、査定して値段がつけられないというものにはお金を払うことはありません。そして、もし、客が希望すれば返しますが、客が引き取ってほしいと言った場合は店で処分を行うというのが一般的です。 リサイクルショップが値段をつけられないものをわざわざ引き取る理由にはいくつかあります。まず、ジャンク品という名目で売りに出すから、そして、買い取れないものをすべて客に返してしまうと、客はそれを持ち帰るのに負担がかかってしまい、その後、同じ経験をしたくないと二度と不要品を持ってきてくれない可能性があるからです。